普通のプログラマーよりはるかに専門的

ゲームを作る人

プログラマーにはプログラミングの高度なスキルが必須です。けれども、ゲームプログラマーになるには、プログラマーとしての共通のスキルだけでなく、ゲームに関する独特で専門的な広く深いスキルが要求されます。ゲーム専用機用のプログラムもあれば、スマホ用のプログラムもあります。さらに、アニメ化したゲームも多いですし、現実の風景に重ねて行うゲームもあります。一般的なプログラミングと比べ、多くの知識と技術が要求されるのがゲームプログラマーです。非常に美しいグラフィックや動きと速さなどにおいては、言語のみでなく数学的物理的な知識も駆使する必要性に迫られます。学ぶことは広く深いですが、これらのスキルを身に着けることで、就職や転職における価値ある即戦力とみなされますから、スムーズな採用にもつながります。そのためには、まず、充実した学びを提供してくれる専門学校を探すことから始めましょう。

さらに先に進めるゲームプログラマー

ゲーム製作

ゲームプログラマーになるには、大学でプログラミングを学ぶことだと考えている人たちも多く、情報系の学部で学んだ人たちにはかなわないという考えから、学ぶこと自体をあきらめている人たちもいます。わざわざ情報系の専門学部に入らなくても、それと同等以上の学びを提供してくれる専門学校がありますので、情報を収集し、学び舎を絞ることから目標に向かい前進することができるのです。ゲームプログラマーの専門学校は、大手のゲーム会社とタイアップしているところも多いですから、スキルを得られた人たちに就職先の情報提供もしてくれるので、学んで終わりということがありません。ゲームプログラマーとなり、その後はディレクター、プロジェクトマネージャーと、自分独自のゲームのコンセプト作りへと段階を進めるのも夢ではありません。

ゲームプログラマーの資質

ゲームする人

もちろんゲームプログラマーになるには、ゲーム好きであることが一番です。そして、作品作りのためのチーム内での意思疎通もできる自信がなければなりません。しかし、この仕事を目指す人たちは、本来、自分のゲームを作りたい夢を持つ人たちが多く、ゲーム好きだからこそなりたい職業です。そこに集まるチームは、同じ目標や目的をもって集まっているのですから、お互いに気持ちが分かり合えるところでもあるでしょう。しかし、他のプログラマーとは違い、さらにプラスして専門的なスキルを身に着ける必要性に途中で挫折する人たちも少なくはありません。独学で学ぶよりも、ゲームプログラマーの専門学校で学ぶことで、指導者たちの経験や実際に現場で働いている人たちの声を聴けたりします。相談をすることもできます。同志たちにも出会えます。専門学校には頑張る気持ちをサポートしてくれる環境があります。単にスキルを身につけるだけでなく、社会で活躍するための資質を身につけることができます。